覚えてないと恥をかく昇進祝いの金額の相場

上司の昇進のお祝いの場合、所属部署の部下が役割を担い宴会の手配をします。
お祝いの品や花束などを贈る場合、個人で準備するのではなく、部署全員からまとめて贈りましょう。

個人的にお祝いを贈るのはタブーとされています。
特別にお世話になった上司へ個人的なお祝いを贈りたい場合は、勤務時間外に会社の外で渡すのが無難です。目上の方に現金を贈るのは失礼にあたりますので、商品券やギフト券が良いでしょう。しかし海外に赴任する場合に限り、現金を贈るのが良いとされることもあります。その場合の金額は、国内の転勤よりも、若干多めの額を贈るのが良いとされています。

同僚や後輩の昇進祝いの場合同期入社の有志でお祝いすることが多いです。しかし、昇進を望んでいたにも関わらず、逃した人も中にはいるので配慮が必要です。

後輩に対するお祝いは、改まったより食事に誘う程度のほうが喜ばれます。どうしてもお祝いの品を贈りたい場合は、仕事関連で役立つものや趣味の品が一般的です。それでは昇進祝いの金額の相場は、どれくらいなのでしょうか。

勤務先関係(個人の場合)、3,000円から10,000円が目安となります。
勤務先関係でも部課単位となると、10,000円から30,000円が相場です。
友人・知人関係になると、5,000円から10,000円程度が良いでしょう。
兄弟姉妹の場合、10,000円から30,000円くらいになります。
親戚の場合は、5,000円から10,000円が相場です。

相場は、あくまで目安なので参考程度に考えてください。個人的にお付き合いのある方には、若干多めに贈るのが良いでしょう。また金額が不安な場合も、多めに贈れば間違いありません。

お祝いを渡す場合、祝賀会の席で渡すのが一般的とされています。お祝いの会が開かれない場合は、正式な辞令が出てから着任の間までに渡すのが基本です。噂や憶測の段階で、お祝いを贈るのは失礼になりますので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ