昇進した時に祝儀(の相場)はどのくらいがベスト?

職場の上司や同僚が昇進した時は、部や課で、または同期と、単位ごとにお祝いをするのが一般的です。

金額は大体、共同で贈る場合は1万円~3万円。
個人で贈る場合は、5千円~1万円程度です。

ご祝儀袋は紅白、または金銀の蝶結びの水引で、のしつきの祝儀袋を使います。蝶結びの水引には、「何度あっても良い」という意味があります。昇進祝いのお札を準備する時は、お札の表側が中袋表側を向くようにし、顔が下側にくるようにして、揃えます。入れるお札は新札を使います。新札がない場合は、銀行で替えてもらえますので、替えてもらってから入れましょう。

渡す時は祝儀袋を直接渡すのは失礼にあたります。そのため、渡す際は必ずふくさに包んで渡すようにしましょう金封ではなく、お祝いの品を渡す場合は、個人的にお祝いを贈るのは控えた方が無難です。

自分が所属する部署からという形で、お祝いの品や花束などを贈ります。ですが、間違いがあると相手に不快な想いをさせてしまいます。なので、必ず正式な辞令が出てからにしましょう。また、昇進できなかった人がいるので、心配りも大事です。

お祝いの品を渡すだけでは無く、必ず相手から喜ばれるメッセージを自筆で付けましょう。贈り物をするうえで、一番大事な事は、こちらのお祝いの気持ちを伝えることです。お祝いの品よりも、気持ちをこめたメッセージが一番大事です。

お祝いの品を選ぶポイントですが、食べ物や趣味など、相手が好むものを贈ります。そして、それを何故選んだか、理由も添えましょう。お祝いのメッセージを付けず、お祝いの品だけ贈ったりするのはタブーとされています。

割れたり、壊れやすいものを贈ったり、散りやすい花を贈るのも避けましょう。基本ですが、メッセージに書かれている社名や名前を間違えるのもいけません。

そして、「昇進・栄転」にあたるのかどうかも、 必ず事前に確認をとっておきましょう。

また、贈り物に「のし紙」をつける場合ですが、直接持参する時は「外のし」、配送してもらう場合は「内のし」を使います。お祝いの仕方や金額などは、ほとんどの場合それぞれの会社で決まっているので、それに従いましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ