結び切りはNG?-昇進祝いの水引の正しい結び方

水引(みずひき)とは、贈答品や祝儀袋、封筒に付ける飾り紐のことを指します。水引は、祭祀の際に神様へのお供え物を、ワラなどで束ねていた風習に由来します。そのワラから和紙をねじって、こより状にした水引へと変わります。そして、神様との縁を結ぶと言う意味を込めて、贈り物などにかけられるようになったのです。

水引の結び方にも、実に様々なものがあります。そして結び方によって、いろいろな意味を持つのです。ぎゅっと固く結ばれた結び切りは、結び目が簡単には解けません。

一般的には固結びと呼ばれる結び方になります。そのため、一度きりにしたい、繰り返さないようにしたいとの願いを込めて婚礼の慶事に用いるのです。また二度とあってはならない、一度で終わるようにとの願いから、弔事、傷病のお見舞いや快気祝い、災害見舞いなどの贈答などの際にも用いられています。しかし昇進祝いは、一度きりではなく何度あっても良いことです。ですから結び切りでは良くありません。

その場合、用いられるのが蝶結びです。花結びとも呼ばれます。日常でもよく使われる結び方ですが、容易に解くことが出来、何度も結び直せます。そのため何度繰り返しても良い、何度も繰り返したいとの願いから婚礼以外の慶事などに用いられます。出産祝いや入学祝い、還暦祝いなども蝶結びが使われるのは、このためです。

また水引の色は、一般的に紅白、金銀、金赤の組み合わせが良いとされています。反対に黒白、黄白、銀のみ、白のみは弔事用となりますので、間違えないようにしましょう。そして水引を結ぶ際の本数は、奇数が基本となります。まず一般的には、5本結びが基本です。

次に基本結びを簡略化した3本結びがあります。
基本結びを、より丁寧にしたい場合は、7本結びが、おすすめです。さらに丁寧にするなら9本結びというのもあります。2、4、6の偶数の場合、忌事に使用されるものですので間違えないように気をつけましょう。

水引にも、それに込められた願いや思いがあります。状況に応じて、しっかり使い分けていくことが大事です。間違いのない水引の結び方で、きちんとお祝いの気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ