ビジネスメールで昇進祝いの気持ちを伝えるための2つのポイント

最近では、手軽な連絡手段として電子メールが重宝されています。簡易なコミュニケーションツールとして、ビジネスシーンでも活用されている方は少なくないでしょう。手軽さが電子メールのポイントですが、逆に安易過ぎる方法として受け取られてしまう場合も少なくありません。

特に気をつけたいのが「気持ちを込めた」メールを送るときです。

ただ仕事の連絡事項を伝えるだけでなく、相手の方の昇進をお祝いしたいときなどがあります。そして、相手に気持ちを伝えたくないときにはメールだけでは難しい側面があるのです。もちろん本当であれば伝えたい気持ちは直接会って伝えるのが理想と言えます。しかし実際にはなかなか都合が付かない場合が多いでしょう。そのような場合に活用したいのが、気持ちを込めたビジネスメールです。

お祝いのメールでは、自分自身も相手の昇進を喜んでいることを伝えます。ビジネス上の関係を深めるような内容にすることが必要になります。

その際に気をつけたいポイントは2つあります。
1.素直に嬉しい気持ちを伝えること
2.今後の活躍を願う言葉を添えること

上記の2点を意識して書くのが欠かせないポイントです。

さらに相手を労う言葉や健康を気遣う言葉などを盛り込むことで、より気持ちが伝わるでしょう。

文章の基本的な流れは、以下のようになります。
1.昇進の喜びを伝える
2.昇進の理由
3.今後の活躍を祈る

何より早くお祝いを伝えたかった気持ちを相手に伝えるために、末文で「まずは取り急ぎメールにて失礼いたします」と慣用句で締めくくるのが良いでしょう。メールによる、お祝いはスピードが命と言っても過言ではありません。相手の方が昇進したと言った情報が入った場合、できるだけ早くお祝いのメールを送ることが大事です。

ただし人事の関係などで相手が忙しい場合、すぐにメールが読まれない場合も想定しておきましょう。

また、お祝いのメールだけでは十分ではありません。なので、改めて昇進祝いを考えることも大事になります。ビジネスマナーをしっかり守って、円滑な人間関係を構築するために、メールを活用しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ