覚えておきたい上司の昇進祝いの選び方

昇進や栄転など人事異動の多い季節です。特にお世話になった上司の昇進は、しっかり、お祝いしたいものです。しかし折角のお祝いが、失礼になってはいけません。

今回は、上司への昇進祝いのギフトを選ぶ際に、覚えておきたいポイントについて調べてみました。

まず贈り物として無難で喜ばれやすいのがネクタイです。
スーツで勤務されている方の場合、ネクタイは何本あっても構いません。事前に好きな色や柄について、調べておくのが大事になります。価格としては1万円から3万円程度のものが一般的な相場です。

可能であればブランド品などの高価なものを選びましょう。他にもビジネスシーンで使えるものが喜ばれます。しかし万年筆やカバン、腕時計は上司へのギフトとしては避けるのが良いとされています。これらの品は目上の方には失礼になるからです。

4や9など、縁起の悪い数字を連想されるものを贈るのも禁忌とされています。特に、クシは「苦」と「死」につながると考えられるので避けましょう。他にも靴下や靴など踏んだりするものは、上司への贈り物としてはタブーです。そして割れたり壊れたりする可能性のあるものも避けるのが良いでしょう。

また特別な趣味や嗜好のある上司の場合は、臨機応変にギフトを選ぶことが大事になります。お酒の好きな方であれば、好きな銘柄のお酒やグラスなどを贈るのも、おすすめです。趣味の品を贈る場合は既に持っているか、どうか密かに調べておくことが欠かせません。しっかりリサーチしておきましょう。

また部下から上司に現金を贈るのは厳禁です。
ただ、海外赴任を伴う場合は例外的に大丈夫なことがあります。その場合、個人で贈るよりも合同でお祝いとして贈るのがベストです。どうしてもギフトのアイデアが浮かばない場合は、ギフト券や商品券などが無難でしょう。失礼にもならず、相手の方も好きなものを選ぶことが可能になります。

昇進祝いを贈るタイミングですが、正式に辞令が出てから渡すのが基本です。噂の段階で、お祝いの品を渡すのは失礼になりますので、気をつけましょう。昇進と共に転勤などがある場合は、送別会の際に渡すのが安心です。

以上のポイントを踏まえて、上司の昇進を祝う気持ちを伝えましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ